彼氏・彼女に愛情表現する簡単は方法!ストレートだけではダメ?!

あなたは恋人に愛情表現をしていますか?

ちゃんと好きとか愛してるよ!

って言ってるよとか、

誕生日にはプレゼントを送ってるよ!

そういうかもしれません。

でもそれだけでは

もしかしたら恋人に愛情は伝わっていないかも?!

もちろん、このような行為は、

やらないよりは絶対にやったほうがいいです。

好きとは言われたら誰でも嬉しいし、

プレゼントをもらえたら、

やっぱり嬉しいものです。

ですから、間違いではありません。

しかし、このような行為で

本当の意味での愛情

果たして恋人に伝わっているのでしょうか?

Sponsored Links

日本人は愛情表現が苦手

そもそも日本人はこの愛情表現が苦手ですよね。

好きとか愛してるの言葉すら

まともに言ったことがない

という人も多いかもしれませんね。

先日テレビで

ある老夫婦がインタビューを受けていて

旦那さんが奥さんに無理やりに?

愛してるよ、言わされていました。

奥さんは何十年ぶりに愛してると言われ

とても喜んでいましたね。

特に昔の人ほど、どこか恥ずかしくて、

なかなか好きとか愛してる

なんて言葉をあまり言わないかもしれません。

ヨーロッパなどの外国人は、

日常生活の中でいつも言っているようですが、

日本人はなかなかそうはいきませんよね・・

義務化してたら意味がない

ただこの好きとか愛してるの言葉も

義務化していたら

あまり意味がありません。

女性に多いと思いますが、

「私のこと好き?」

とよく聞く女性がいます。

こう聞かれる時点で

普段の愛情表現が足りていない証拠かもしれません。

そして、この問いかけに対して、

恥ずかしながらも「好きだよ」

そう答える男性も多いでしょう。

でもこれだとなんだか義務感が強くて

ホントの意味で

恋人に愛情は伝わっていないような気がします。

まあ、恋人の儀式の一つとしては、

いいのかもしれませんが・・

Sponsored Links

愛情を感じるのは人それぞれ

しかし、この儀式のようなやり取りだけでも

愛情を感じて、安心する女性も中にはいるでしょう。

ちゃんとストレートな言葉

発しているわけですからね。

反面、このやり取りでも

愛情を感じない人もいます。

人は顔も性格もみんな違うように

愛情の感じ方も

やはり人それぞれ違います

例えば、元恋人は

サプライズプレゼントをしたら、

心底喜んでくれたからといって、

今の恋人に同じことをしても

同じように喜んでくれるとは限りません

やっぱりこの辺りの感覚は

人それぞれなんですよね。

愛情表現する方法

そんな人それぞれ違うのに、

どうすれば恋人に

愛情を伝えることができるのでしょうか?

それは、自分が恋人にされて

愛情を感じたことと同じこと

恋人にもしてあげることです。

これがもっとも効率的で簡単な方法です。

これは好きとか愛してるとか

ストレートな言葉を言うだけではないですよね。

恋人と毎週デートしたり、

毎日のように電話して話していると、

恋人からの愛情を感じることが多々あります。

それはささいなことかもしれません。

デートの待ち合わせにいつも先に来てるとか、

ありがとうとよく言うとか、

目をじっと見て話すときがあるとか、

あなたが恋人から愛情を感じたことを

恋人にもしてあげるといいです。

人は良かれと思ってしてる行動を

逆に相手からされたら、

嬉しく感じるものですから。

まとめ

付き合いが長くなるほど、

この愛情表現を怠ってしまいがちです。

それはそうですよね。

恋人のことを好きなのは当たり前のことで、

好きだからこそ、

長く付き合っているわけですから。

しかし、さらに長く付き合っていくためにも

やはり恋人同士、

愛情表現はかかせません。

それは例え60歳、70歳の老夫婦になっても

必要なことなのかもしれませんね。

Sponsored Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。