アラサーの恋愛は慎重にするべき!何に注意すればいい?

アラサー、いわゆる30歳を過ぎた年齢になっても

結婚はおろか恋人もいないという男女

いま、けっこういます。

30歳を過ぎていても恋人がいる人は

どのタイミングで結婚しようか?

そんなことを考えているかもしれません。


Sponsored Links

一方で恋人がいない人は、

出会いはもちろんのこと、

またゼロから恋人関係を築いていく必要があります。

これがまた

けっこう面倒くさかったりします。

これは同性の友達で考えてみてもわかりますね。

親友といった

生涯通して友達でいられるような人は、

学生の頃や会社に入ったばかりの頃

20代半ばくらいまでに

友情関係を築いた人に多くないでしょうか?

30、40歳になってから

親友を作るのはなかなか難しいものです。

恋愛もこれに通じるところがあります。

だんだん20代の頃と同じようには

ゼロから恋人関係を築けなくなってきます。

しかしそうはいっても

結婚したければ恋人を作るしかありません。

そこでそんなアラサーの恋愛で

気を付けることを挙げてみます。

結婚と結婚しないようにする

30歳を過ぎてくると、

周りにも結婚する友達が増えてきます。

子供が生まれる友達も出てきますね。

また親も会うたびに

結婚しろ、結婚しろ!

と口うるさくなってきます。

また独身のままだと

会社の出世に影響するところもあるかもしれません。

このように30歳を過ぎて独身だと、

周りからのプレッシャーや

世間体なんかが気になるようになります。

そうすると自分も早く結婚しないと

そう思って焦ってしまいます。

誰でもいいから結婚したい

と思うようになるわけです。

その結果、

目的が結婚することになってしまい、

結婚と結婚することになりかねません。

そうなってしまうと、

仮に結婚できたとしても

あとから後悔する可能性が高くなってしまうでしょう。

Sponsored Links

ときめくような恋愛はもう出来ない

結婚を焦ってはいけませんが、

いい人が現れるまで待とうなんて

悠長なことも言っていられません。

これがアラサー恋愛の難しいところです。

なかなかいい人が現れない

そう思っている人の多くは、

20代の頃のように

ときめくような異性

現れるのを待っているのかもしれません。

しかし、アラサー恋愛では

もうときめくような恋愛はなかなか出来ません。

これはそれまでの人生で、

恋愛に慣れてしまってきているのが原因です。

これをよく理解しないと、

なかなかいい人と出会えなくて

婚期を逃してしまいかねません。

結婚のマイナスイメージを持たない

周りの友達が結婚すると、

会話の内容が結婚のグチが多くなります。
 
 
・お小遣いが月3万円しかない、

・飲みに行けない、ゴルフに行けない

・ローンで毎月大変

 ・・・
 
 
男は特にそうですが、

仮に幸せだったとしても

あまりそれを周りに自慢したりしません。

周りに話すのは

やはりグチのほうが多くなります。

独身者がこのグチを聞き続けていると、

結婚に対してマイナスイメージが出来てしまい

だんだん結婚したくなくなってきます。

ですから、出来るだけ

既婚者ではなく独身者

ともに行動するようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

結婚は焦っても

あまりいいことはありません。

かといって

先延ばしにしていてもダメでしょう。

適度な緊張感を持ちつつ

いろんな異性と出会って

アラサー恋愛を楽しむくらいのスタンス

結果的に良い結婚に繋がっていくと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする