恋人が喧嘩で怒らなくなったら?もう仲直りは無理?!別れの合図・・

あなたは恋人と喧嘩をしますか?

付き合いが長くなればなるほど

喧嘩も増えていくかもしれませんね。

それも、どうでもいいような原因で・・

一方で、世の中には

全く喧嘩をしないカップルもいるようです。

ちょっと信じがたい話ですが?!

Sponsored Links

でも、恋人と喧嘩をするカップルって

どうなんでしょうか?

喧嘩しない=仲が良い

喧嘩をよくする=仲が悪い

このような公式が成り立つほど、

カップルの喧嘩は

そんな単純な話ではないような気がします。

対照的なカップル例

この前、商店街で

大げんかをしているカップルを見ました。

買い物客が行き来している通りで

周りの目も気にせずに

お互いが何か言い争っていました。

冷静に見ると、

よくあんな大勢の前で恥ずかしくないのかなあ?

そう思ってしまいますが、

当人同士はそれどころではないのでしょう。

女性の方もかなり乱暴な言葉を使って

一歩も引かない様子でした。

どちらかというと、

見ているこっちが恥ずかしくなってきましたね。

そして、ある程度の時間

言い争いは続きましたが、

次第にそのトーンは低くなっていきました。

そして、二人は去っていきました。

時折、笑顔を見せながら

お互い言いたいことを言い合って、

スッキリしたのでしょう

仲直りしているように見えました。

また、ある時にファミレスで

別のカップルの喧嘩に遭遇しました。

このカップルの喧嘩は

先ほどのカップルの喧嘩とは違い

彼女の方が一方的に怒鳴っていました。

彼氏は下を向き黙ったまま

じっと我慢しているようでした。

そして、そのうち大きな罵声と共に

彼女が店を出ていってしまいました。

Sponsored Links

喧嘩してるうちが華

この二組のカップルを見て

どう思うでしょうか?

どちらのカップルの方が

仲が良いと思いますか?

あるいは、どちらのほうが

今後長く続いていくでしょうか?

そもそも喧嘩をするということは、

相手に対して何か不満があって

それを強く言うことで、

相手にそれを直して欲しいわけですよね。

そして、直して欲しいということは、

今後もずっと付き合いを

続けていきたいからです。

もし仮にもう終わりだ、もう別れよう

そう思っていたなら、

あえて相手と言い争いをしようと思わないですよね?

喧嘩はかなりパワーを使いますので。

ですから、喧嘩することは悪いこととは

単純には言えません。

喧嘩を突っかけていっても

恋人が黙って言い返して来なくなる

その方が余程怖い状態です。

もちろん、その人の性格も関係してきます。

そもそも初めから喧嘩をしない

平和主義な性格の人も

世の中にはいるでしょう。

しかし、多くの人は心を許した恋人とは

多かれ少なかれ喧嘩をします。

家族の次くらいに喧嘩をするでしょう。

でも、喧嘩をしているうちが華です。

喧嘩すらできなくなったカップルは、

それは別れが近い合図かもしれません。

まとめ

人は興味のあるものにしか、

感情を表しません。

全くタイプではない異性の前では

無表情なのに、

タイプの異性を目の前にすると、

なぜかニコニコしてしまうのが

良い例です。

食べ物でもそうです。

美味しそうな料理を目の前にすると、

自然と笑顔がこぼれます。

喧嘩の感情は怒りですが、

例え怒りの感情だったとしても

それを表に出すということは、

相手に興味がある証拠です。

ですから、恋人との喧嘩が多いとか

あまりマイナスに考えないほうがいいですね。

お互いがお互いに

興味があるということですから。

Sponsored Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。