付き合う前のデート回数はどのくらい?デート頻度の適性は??

新しく女性と出会って、

その女性にアプローチして、

二人でデートして、

めでたく恋人の関係になる。

だいたいこのようなステップを踏んで

多くの男女は恋人になっていきます。


Sponsored Links

そのなかで、付き合う前

いわゆる恋人の関係になる前に

二人だけのデートって

どのくらいやればいいのでしょうか。

これって結構気になりますよね。

他の人の状況とか

あまり聞くこともないですしね。

でもはっきり言ってしまうと、

付き合う前段階での

デートの回数や頻度というのは

人それぞれですw

なぜなら、人それぞれ

持ってる恋愛スキルや恋愛経験値が違うから。

誰もがみな

三回目のデートで告白して、

はい、今日から恋人です!

とはならないわけです。

恋人の関係になるには、

二人の心の距離を

ある基準まで縮める必要があります。

この距離を縮めるスピード

恋愛スキルや過去の経験値によって

違ってくるわけです。

そうはいっても

ある程度、

基準となる指標はありますので、

参考にしてみてください。

デート回数

先ほどもお話しましたが、

何回デートすれば付き合えるとか

回数を指標とするのは

けっこう難しいです。

心の距離を縮めるスピードが

人それぞれ違うのが

その大きな理由となりますが、

そのほかにも

そもそも一回のデート時間

人それぞれだからです。

軽いお茶デートも

がっつり一日デートも

一回は一回ですよね!?(笑)

ですから、

デート回数を決めるのは難しいですが、

実は接触時間にはある程度、

指標となる時間があります。

それは、

3~10時間です。

付き合う前の段階での

二人の接触時間です。

この時間以内に

恋人に移行できるように意識します。

3時間以内だと

まだ準備不足

十分に心の距離が縮まっていません。

このときに告白しても

まだあなたのことよくわからないし・・

そういわれて断られる可能性が高くなります。

逆に接触時間が10時間を超えてしまうと、

相手の熱が冷めてしまったり

この人は友達かなあ

と判断されたりしてしまいます。

あまりだらだらと接触していても

ダメということですね。

この3~10時間を

デート回数に換算すると、

2時間くらいのお食事デートなら、

2~5回以内ですね。

一日デートなら

1~3回以内くらいになります。

そのほか、

お茶、食事、一日デートの組み合わせでも

接触時間を考えれば

ある程度のデート回数は見えてきます。

その回数以内に

恋人に移行できるように

意識してデートしたほうがいいです。

Sponsored Links

デート頻度

デートの頻度も

生活スタイルがありますから、

人それぞれになってきます。

相手の勤務体系、

あなたの生活スタイルなどから、

次のデートの日程を決める必要があります。

しかし、

世の中の生活基準として、

一週間というスパンで回っています。

ほとんどの人は、

月曜日にスタートして、

日曜日に終わる、という

サイクルを繰り返しています。

ですから、

デートもこのサイクルに一回

つまり、週一回のデートが

短すぎず、長すぎず、

ちょうどよい頻度だと思います。

そうはいっても

他に仕事や友達、趣味などの都合によって

スケジュールが合わないこともあるでしょう。

その場合でも

二週間以内にはデートしたほうがいいですね。

それ以上空いてしまうと、

会うことがめんどくさくなってしまいますので。。

付き合う前の大事な時期ですから、

他の予定よりも

優先順位を上げるくらいがいいですね。
 
 
他にもこのような記事が読まれています。

・メール頻度は付き合う前ならどのくらい?脈ありは回数でわかる!?

・デートで手をつなぐのは付き合う前でもありか?女性からならあり!?
 

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする