40代男性のモテる髪型は?パーマ・ツーブロック・ショートどれ?

男性の場合、40代にもなると、

多かれ少なかれ

髪の毛の悩みは

誰でも持っているのではないでしょうか?

代表的なのは、

薄毛と白髪ですね。


Sponsored Links

20代の頃であれば、

長髪にしようが、

パーマをかけようが、

金髪にしようが、

自分の好きな髪型にできました。

でも

40代にもなると、

なかなかそうはいかないですよね。

薄毛や白髪といった悩みの他にも

顔の肌ツヤも衰えていきますから、

それに合わせて

似合う髪型も変わってきます。

ですから、

40代男性がモテたければ

悩みなどをカバーしつつ、

自分に合ったモテヘアを

見つける必要があります。

白髪がある場合

髪の毛の中に

見てわかるくらい白髪があると、

かなり歳が上に見えてしまいます。

白髪は目で見える

一番の老化現象なので、

しっかり対策したほうがいいですね。

髪の毛全体が真っ白になれば

ダンディーなイメージなるので、

それはそれでいいのですが、

40代くらいだと

まだそこまではいかないでしょう。

そして、

白髪が交じっているくらいの段階は

汚らしく見えて

一番見た目が悪いので、

やはり白髪は染めたほうがいいです。

特に初めのうちは

もみあげ部分に白髪が出るケースが多いので、

美容院に行くたび

白髪染めしたほうがいいですね。

白髪染めが嫌という人は、

短くカットしてしまうのも手です。

もみあげやサイドに白髪があるなら、

ツーブロックのように短くすれば

白髪は目立たなくなります。

その変わり、

短髪をキープしなければいけませんから、

最低でも月に一回は、

カットに行ったほうがいいですね。

Sponsored Links

薄毛の場合

40代にもなると、

薄毛の悩みを持っている男性も

けっこう多いでしょう。

薄毛の人の髪型のポイントは、

まず薄毛を目立たなくさせる

ということです。

まず髪の毛の色ですが、

黒髪だと肌の色と差が大きいので、

薄毛が目立ってしまいます。

ですから、

出来るだけ肌の色に近づけるように

髪の毛をカラーしてあげるのがいいでしょう。

髪の毛と肌の色を近づけると、

薄毛が目立ちにくくなります。

次に髪型ですが、

薄毛になる個所は、

だいたい頭の前か上ですよね。

逆にサイドが薄くなることはないです。

髪の毛の色と同様に

この頭の前や上とサイドを比較して、

髪の毛のボリュームの差が大きいほど、

薄毛の部分が目立ってしまいます。

ですから、

薄毛の人の髪型の基本は、

サイドを短めにすることです。

そのためには、

ツーブロックやソフトモヒカンがいいでしょう。

サイドを短くすることで、

頭の前や上の薄毛の部分を

目立たなくするのがいいですね!

薄毛ではない場合

薄毛ではなくて、

髪の毛のボリュームがある人は、

比較的いろんな髪型が出来ますね。

ポイントとなるのは、

年齢による肌の劣化や顔の疲れ感

どう髪型でカバーするかです。

そのためには、

全体的に髪の毛は長めにするほうがいいです。

また、

華やかな印象を出すために

パーマをかけるのもいいですね。

髪型を長めにすることで、

髪型の印象を強くできますから、

その分、顔の劣化をカバーできます。

まとめ

40代にもなると、

髪の毛にも顔にも

老化現象が現れます。

ですから、

何も工夫しないと

ただただオッサンに見えてしまいます、(笑)

40代になっても

まだ女性にモテたいなら、

20代の頃よりも

さらに髪型に気を使わないといけません。

いまでは

しっかりケアすれば

40代でも十分にモテますので!
 
 
他にもこのような記事が読まれています。

・40代で結婚はできない?諦めたほうがいい?男性と女性で確率が違う

・40代男性の恋愛観は?その恋愛心理では結婚できない!?
 

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする