格差婚とはどういう意味?離婚率が高い格差は年収?学歴?

世の中にはいろんな男女がいます。

親がお金持ちの人

ステータスの高い職業に就いている人

とんでもない年収の人

人それぞれ、容姿や性格が違うように

その人の職業や生活環境も様々です。

そんな男女が恋愛をするわけですから、

少なからず、そこには何らかの格差が生じます

収入に格差があれば、玉の輿とか、

容姿に格差があれば、美女と野獣など、

いろんな風に表現されています。

こういう表現を見ても

格差婚、格差恋愛の代表的なものは、

年収、家柄、容姿などが挙げられるでしょう。

では、この格差婚や格差恋愛は、

上手くいくのでしょうか?


Sponsored Links

容姿に格差がある場合

世の中には誰がどう見ても

お似合いのカップルもいれば、

どこか不釣り合いに見えるカップルもいます。

この不釣り合いに見える要因は、

容姿に格差があるからでしょう。

当人同士からみれば、

余計なお世話と言われるかもしれませんが・・

この容姿に格差があるカップルは、

上手くいかないということはないでしょう。

その理由としては、

容姿に点数は付けられないからです。

また、人それぞれ好みが違いますからね。

ですから、どちらが上でどちらが下

ということにはならないわけです。

周りから見ると、

どちらかが下に見えても

当人同士ではそうではないわけです。

また、美女と野獣のように

明らかに男性の容姿が劣っている場合、

男性は女性に対して、

容姿以外のものを与えています

それは年収などの金銭面かもしれませんし、

包容力などの精神面かもしれません。

いずれにしても

上手くバランスが取れているわけです。

年収に格差がある場合

そもそも日本は、

男女平等とは謳っていても

実際は給料面で男女差があります。

同年代であれば

給料は男性のほうが多いでしょう。

ですから、多少の年収の差は

格差婚にはなりません。

しかし、世の中には

大きく年収が違うカップルがいます。

この場合、

やはり女性の方が男性よりも収入が多いカップル

離婚や別れる可能性が高いでしょう。

根本的に男性は、

女性から家族から頼られたい生き物です。

それを頼りに仕事や人間関係など

辛いことも乗り越えられるわけです。

しかし、女性のほうが収入が多いと、

頼られることは少なくなるでしょう。

そうなることで、

生きがいがなくなったり、

プライドが傷ついたり、

男性にダメージを与えることになり、

結果それが離婚や別れに

繋がりやすくなります。

逆に男性が女性より

収入が多い場合はどうでしょう?

このパターンは大丈夫な場合が多いでしょう。

女性は男性から金銭面で頼る変わりに、

食事や家事をサポートしたり、

子育てをしっかりしたり、

いつもキレイでいたり、

他の面でしっかりと男性にメリットを与えられます

例えば、

メジャーリーガーのダルビッシュ選手や

田中将大選手を見ればよくわかりますね。

二人とも年収20億円以上もらっていますが、

奥さんは普通の人ですからね?!

Sponsored Links

家柄に格差がある場合

当人はそうではなくても

親がお金持ちだったというカップルも

格差婚や格差恋愛になります。

これが一番やっかいですね。

そもそもお金持ちの家柄と普通の家庭では、

育った環境が全然違います

ですから、生活における習慣などが

全く違うといっていいでしょう。

たとえば、

フランス料理などの高級料理店とファミレスでは

食事のマナーが全然違うのと同じです。

こういった生活習慣の違いは、

一番ストレスになりやすいです。

どれだけ相手のことが好きでも

相手の親などと関わることが多い場合は、

けっこう離婚や別れに至ることもあるでしょう。

まとめ

そもそも格差婚といった言葉がある時点で、

珍しい恋愛なわけです。

ですから、

もし離婚したり、別れたりすると、

余計にそこにフォーカスされやすいわけです。

しかし、どうでしょう。

上手くいくか、結婚するか、

離婚するか、別れるか、

その確率は、

普通の恋愛や結婚と大差ないと思います。

格差婚でなくても

今や離婚率はとても高いですからね。。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。