恋人いらない男女の本音とは?面倒くさがる若者が急増中

今、日本の恋愛事情は、

けっこうびっくりしてします。

あるデータによると、

18歳~34歳の独身男女の中で、

現在恋人がいないという人が

男性7割、女性6割、だそうです。

こうやって数字で見ると、

かなり衝撃的な数字ですよね。

人生の中で一番

恋愛が盛んで、恋愛が楽しい

この時期に、

6割以上の男女が

実際は恋愛をしていないわけですから

少子化に悩むのは、

当然といえば当然ですよね・・

Sponsored Links

この恋愛をしていない男女の中には、

恋人が欲しいと思っているけど、

なかなか恋人が出来ない人と

そもそも恋人がいらない

という人もいます。

恋人が出来ないという人は、

仕事の状況であったり、

タイミングであったり、

恋愛が上手くできない状態ですが、

恋人が欲しいという気持ちはあるので、

まだいいでしょう。

問題なのは、

そもそも恋人なんかいらない

そう思っている人たちです。

この人たちの本音は

どう思っているのでしょうか?

本音は違うはず

恋人がいらないといっている

男女の本音は

実際には違う人が多いでしょう。

たしかに、

20代前半くらいまでの若者であれば

恋人がいらないと思う時期もあります。

若い頃は、社会に出たばかりで、

仕事にも慣れていませんし、

スポーツや趣味など、

やりたいこと、欲しい物がたくさんあります。

こういう時期は恋愛が

優先順位的に少し下がることもあります。

別に恋人なんかいなくても楽しい

恋人との時間が面倒くさい、もったいない

そう思うかもしれません。

しかし、結婚適齢期である

20代後半以降の年代では、

ちょっと違います。

そもそも人の人生は、

恋愛して、結婚して、子供育てて

というのが、人生の柱にあります。

仕事や趣味などは、

それを実現するための手段にすぎません。

ですから、この年代の人たちの

「恋人はいらない」

という発言はほとんど本音ではありません

口ではそう言ってても

本音は違うはずです。

恋愛できない言い訳

結婚適齢期の人の

恋人いらないという言葉は、

本心ではない場合が多いです。

心の奥底では、

恋人作って、結婚して、子供作って、

温かい家庭を作りたい

そう思っているはずです。

では、なぜ本音と違うことを言うのでしょうか?

それは、恋愛が上手くいかないことに対する

言い訳をしているだけです。

好きな人と恋愛成就できない

告白できない

なかなか好きな人が現れない

恋愛は上手くいかないことがほとんどです。

たいていの人は、

恋愛で嫌な思いをしています。

そんな経験から、

恋愛を半ば諦めの境地から

恋人がいらないと言うのでしょう。

Sponsored Links

結婚しないとは意味が違う

恋人がいらないという人と同じように

結婚しないという人もいます。

しかし、この結婚しないというのは、

意味合いが全然違います。

異性を求める恋愛というのは、

ある意味、人間の本能です。

結婚をしないと言っている人も

この本能には従順なわけです。

しかし、その先の結婚には、

あまり興味がないわけですね。

結婚することで、

人生や生活が大きく変わります。

その変わった先に

自分が求めているものがなければ、

結婚しないという選択肢も

間違いではないわけです。

恋愛は人間の本能ですが、

結婚は本能ではないわけですから

まとめ

恋人を作るためには、

ある程度の努力が必要です。

異性にモテるためには、

ステータスのある仕事に就いたり、

服装や体型など見た目を整えたり、

女性らしく料理を覚えたり、

努力をすればするほど、

他の同性たちより恋愛において有利になります。

厳しい言い方をすれば

恋人がいらないと言っている人は、

ある意味、

この努力を放棄しているようなものです。

でも逆に言うと、

少し努力すればすぐに恋人はできるわけです。

6割以上の男女が

恋人がいない現状ですから・・

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。