恋人からめんどくさいと言われないためには?連絡・LINEは要注意

あなたは恋人からめんどくさいとか

言われたことがありますか?

もし言われたことがあるなら、

心を改める必要があるかもしれません。

なぜなら、そうしないと

今の恋愛が終わってしまう可能性があるからです。

人間は基本的に怠け者の生き物です。

ですから、何も恋愛に限らず、

日常生活において、

めんどくさいことだらけです。

仕事でもそうですよね。

毎日、進捗を報告するとか、

データをまとめるとか、

飲み会の幹事をしなければいけないとか、

プライベートでもそうですね。

部屋の掃除をしなきゃいけないとか、

町の行事に参加しなければいけないとか、

健康のために運動しなければいけないとか、

私たちの周りには、

めんどくさいことだらけです。

このめんどくさいと感じる事柄は、

自分がやりたくないこと、

自分が嫌いなこと、

こういったことを

どうしてもやらなければいけないときに

人間はめんどくさいと感じます。

Sponsored Links

恋愛でめんどくさいことは?

恋愛が始まったばかりの頃は、

めんどくさいと感じることは、

あまりないですよね。

夜中に電話で話すことや

遠くまでわざわざ会いに行くことも

付き合い当初であれば

全くめんどくさいと思いませんし、

苦にもなりません。

そんなことより、

好きという感情が勝っていますので。

しかし、次第に

めんどくさいと感じることも増えてきます。

それに気付かずに、

または、お互いにそれを改めずに行くと、

恋愛の場合、

別れという悲しい結果になってしまいます。

それだけは避けなければいけません。

そのためには

恋人にめんどくさいと思われないように

気を付けなければいけませんね。

連絡には要注意

今では、恋人同士の連絡方法は、

LINEが主流でしょう。

このLINEがなかなかクセモノです。

お手軽な反面、

恋人にめんどくさいと思わせるのも簡単です。

LINEは電話と違って、

リアルタイムで話す必要がありません。

しかし、返事がすぐに来なかったりすると、

追撃メッセージを送る人がいます。

相手もその時に

もっと優先順位が高いことがあるかもしれません。

LINEでの会話も人それぞれリズムがあります。

そのリズムが崩れると、

それがだんだんストレスになって

めんどくさいと感じるようになってしまいます。

Sponsored Links

過度の束縛に要注意

やっと自分のものになったのですから、

恋人を束縛したい気持ちもよくわかります。

しかし、それにも限度がありますよね。

24時間相手の行動を把握したがったり、

人付き合いを制限したり、

服装などを自分好みにしたり、

こういった行動も度が過ぎると、

かなりのストレスを相手に与えてしまいます。

独り身のときとは違うということは、

相手もわかっています。

ですから、度を越さない範囲で、

束縛していくことを肝に銘じる必要があります。

やっぱり相性が重要

これまでに挙げたような

マメに連絡をする、束縛する

これを逆に恋人に望んでいる人もいます。

その方が、自分は恋人に大事にされている

そう感じることができるのでしょう。

またデートにしても

週一で会いたい人もいれば、

月一で十分という人もいます。

月一で十分という人に

週一で会いたいといえば

相手は会うことを

めんどくさいと感じるでしょう。

そう考えると

恋愛には答えがないともいえるでしょう。

どうしても譲れないところに関しては、

自分と同じ考え、思考の人なら

ストレスを与えることもありません。

ですから、やはり恋愛は

相性が一番重要なのかもしれませんね。

まとめ

ある程度、相性が良くても

お互いが全くストレスなく

付き合い続けるというのは、

残念ながら不可能なことでしょう。

自分がストレスを感じていない場合は、

その分、そっくり全部、

恋人にストレスがかかっている

と思って間違いありません。

ですから、お互いが

強いストレスと感じないところに

お互いが歩み寄る必要があります。

これが上手く言っているカップルが

長続きするのでしょう。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。