女性の好意があるしぐさとは?視線や態度を見逃すな!?

人は誰もが

周りの人に好かれたいと思っているでしょう。

それは、男女問わず、

好意があるない問わず。

そのため、

社交辞令を言ったり、

猫をかぶったりするわけですね。


Sponsored Links

これは男女の関係では

非常に邪魔もので、

自分に好意があるかどうかがわかりずらくなります。

場合によっては、

自分に好意があるように

勘違いしてしまうこともあるくらいです。

ですから、

社交辞令っぽい振る舞いと、

好意がある振る舞いとを

見分けないといけません。

では、女性は

好意がある男性に対して、

どんなしぐさをするのでしょうか?

視線がよく合う

あまりにもベタですが、

やはり好意がある一番のしぐさは

視線がよく合うことです。

人は興味のあるものを見ようとします。

これは人に限らずでしょう。

服を買いに行っても、

食べ物を買いに行ってもそうです。

自分が興味のあるものを

自然に見てしまうわけです。

ですから、

頻繁に目が合うということは、

相手の女性も

頻繁にこちらを見ているということです。

頻繁に見るということは、

興味があるもの以外ありえません。

ですから、

好意まではいかなかったとしても

少なくとも興味はあるわけです。

Sponsored Links

髪やカップを触る

好意がある人を目の前にしたら、

ドキドキしたり、緊張したりするでしょう。

少しでも良く見られたいと思うわけですから、

それは当然だと思います。

そんな緊張している場面では、

何もしないでじっとしているのは

なかなかできません。

そのため、

髪をなでてみたり、

カップを触ったり、

なにかしら動作をしたがります。

こういった動作は、

緊張感の表れでしょう。

スキンシップをする

冗談を言って笑ったりしたとき、

肩や背中を叩いてくる女性がいます。

これも好意の表れですね。

基本的に人は

他人とあまり触れたくありません。

電車に乗っている時を

思い浮かべるとよくわかりますが、

隣の人とあまり触れたくないと思います。

特に女性なら

なおさらそう思うでしょう。

そんななか、スキンシップは

自ら人の体に触れてくるわけですから、

好意がない人にはまずしないでしょう。

スキンシップは

女性によるところも大きいですが、

少なくとも嫌われているということはないですね。

まとめ

気になる女性が現れたとき

ダメもとでアプローチしていくのもいいでしょう。

振られてもあまり傷付かないという人は、

自分の気持ちに任せて

積極的にいってもいいですね。

しかし、

そうではないという人は、

やはりある程度、

しぐさや行動から、

相手の女性が好意があるかどうかを

見極めてからアプローチしたほうがいいです。

また、

何度も会って接触していくうちに

女性から好意のサインが出る場合もありますから、

そのタイミングでアプローチしたほうが

成功率は上がりますね!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。