彼女と喧嘩したときに仲直りする方法は?メールやLINEでもいい?

どんなに愛し合っているカップルでも

喧嘩の一つや二つはするでしょう。

喧嘩をしたことがないカップルなんて

この世にいないのではないでしょうか。


Sponsored Links

それほど、

カップルと喧嘩は付き物なのですw

人は距離感が近づけば近づくほど

グチをいったり、喧嘩をしたりするものです。

距離感が一番近いのは、

親や兄弟ですね。

おそらく、親や兄弟とは、

数えきれないほど喧嘩したことでしょう。

ですから、

カップルも喧嘩するということは、

それだけ二人の距離感が近い証拠です。

そのように喧嘩自体はいいのですが、

問題となるのは、

その後の仲直りの方法です。

ここを上手くやらないと

いつまでも気分が悪いですし、

最悪は相手を嫌いにもなりかねません。

では、

喧嘩して仲直りするには、

どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

小さい喧嘩は悪いことではない

そもそも喧嘩といっても

小さい喧嘩をすることは、

そんなに悪いことではありません。

喧嘩とは自己主張のようなものなので、

相手の性格や価値観などもわかります。

一番問題となるのは、

怒りを貯めに貯めてからの大爆発です。

この場合、

一気に別れる別れないといった話に

発展する恐れがあります。

ですから、よく喧嘩して、

その都度、小爆発しているカップルは、

長続きする可能性が高いといえるでしょう。

Sponsored Links

理屈は言わないほうがいい

喧嘩したときに男性が一番注意することは、

女性には理屈は通用しないということです。

そもそも男と女では

脳の構造が違うらしいです。

よく言われるところでは、

男性は左脳派、女性は右脳派が多いということです。

ようするに、

男性は理屈で考え、女性は感情で考える

傾向にあるということです。

ですから、

喧嘩して感情的になっている時には、

特に女性には理屈は全く通用しません。

それなのに、

一生懸命に理屈を話しても話が通じなくて

余計イライラするだけです。

ですから、仲直りしたければ

喧嘩中は、素直に感情で話をしたほうがいいでしょう。

そして、

仲直りして落ち着いた後に

理屈や正論を話するのがいいですね。

メールやLINEより会ったほうがいい

喧嘩の原因がもし自分にあった場合、

なかなか素直に謝ることができなかったりします。

そんなとき、

面と向かって話をするよりも

メールやLINEで誤ったほうが

楽だと考える場合があります。

もちろんそれでもいいのですが、

メールやLINEは

あくまでもきっかけにしたほうがいいですね。

短文で簡潔に謝って、

その後実際に会ってから、

ちゃんと話をしたほうがいいでしょう。

なぜなら、

活字だと間違って伝わる可能性がありますし、

ホントの意味で誠意は伝わらないからですね。

やっぱり最終的には、

目と目を合わせて、

言葉と表情で話をしたほうがいいですね。

まとめ

恋人との喧嘩の仲直りは

ほんとに難しいですね。

特に喧嘩の要因が

自分は悪くないと思う場合はなおさらです。

しかし、だからといって

わかってもらうまで喧嘩を長引かせるのも

恋人関係にとって良いことは何もありません。

ですから、

ここで大人の対応ができる人は、

良好な恋人関係が築ける人かもしれませんね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。