お見合いといえば結婚相談所!ほんとに交際や結婚成立するの??

お見合いと聞くと、

どんなイメージを持たれますか?

・恋愛に困っている人がやるもの

・結婚に乗り遅れた人がやるもの

・お金持ち同士がやるもの

もしかしたら、

あんまり良いイメージは

持っていないかもしれませんね。


Sponsored Links

やはり誰もが

結婚の相手は自分で見つけて

恋愛結婚をしたい

そう思っているでしょうからね。

実際、お見合いは

若い男女はあまりやりません。

二十代のように

まだ恋愛をスタートしたばかりの頃は、

他にもたくさん異性と出会う手段は

ありますからねw

やはり、

三十代以上の年代の人たち

お見合いのメインになっています。

そんなお見合いといえば、

代表的なのは結婚相談所ですね。

大小限らず、

たくさんの結婚相談所があります。

これだけ多くあるということは、

やはり需要は多いんでしょうね。

では、結婚相談所に入れば

みんな相手が見つかっているのでしょうか?

交際するまでの道のり

交際するまでには

いくつかの関門があります。

1、プロフィールマッチング

2、実際に会ってお見合いする。

3、お互い気に入れば交際スタート。

まず1のプロフィールマッチングが

けっこう難関です。

相手のプロフィールなどのデータだけを見て

お互いが気に入らなければ

マッチングにはいたりません。

データだけで判断するわけですから、

年齢、年収、身長など

数字的な項目だけ

まず判断することになります。

このような数字には

性格といったアナログ的な部分

なかなか現れません。

ですから、

ちょっと歳を取っているとか

年収が平均より低いとか

ちょっとしたマイナス要因があると

なかなかマッチングしにくかったりします。

あと、大手になればなるほど

会員数がとても多くなります。

会員さんが何万人といるわけです。

このなかから

実際に会うのは、

数人~数十人くらいでしょう。

ですから、

プロフィールに何かしら

引きつける要因がないと

ちょっと苦労するかもしれません。

マッチングが成立すると、

次は2の実際に会ってお見合いします。

実際に会ってお話すれば

あなた自身の雰囲気や性格

伝えることができるでしょう。

初対面の異性と話すのは、

なかなか緊張するものです。

ですから、

自分のすべてをちゃんとお伝えするのは

なかなか難しいものですが、

それでもプロフィールのような

データ的なこと以外のことも

相手に伝わりますよね。

実際に会ってお見合いしてみて

ここから交際に発展するのは、

だいたい2割くらいだと思います。

これはお見合いに限りませんが、

人は歳を取れば取るほど

一目ぼれのような感情になりにくくなります。

ですから、

会って一時間くらいお話してみて、

どうですか?と聞かれても

正直わからないのです。

多くの場合、

全然嫌ではないけど、

すごい気に入ったわけでもない、

そんな中途半端な感情になります。

その時、

もう一度その相手と会うか

それとも新たな異性と会うか

と考えたとき、

結婚相談所のように

たくさん出会いを用意している場では、

新たな出会いのほうに行ってしまうのです。

そのため、

交際に発展する確率は

そんなに高くはないでしょう。

Sponsored Links

結婚成立する確率は?

このように

交際するまでの道のりが

けっこう険しいですから、

無事に交際がスタートしたカップルが

結婚へといたる確率は、

非常に高くなります。

もともと

結婚を意識した人たちだけが

結婚相談所に入会しています。

お互いが同じ結婚を意識している者同士ですから、

お互いがこの人いいかも?

そう思って交際がスタートすれば

それは話が早いですよね!?

最終的には本人次第!?

結婚相談所の評価は

とても難しいです。

結婚相談所に入って

相手が見つかって

無事に結婚できた人は、

結婚相談所をおススメするでしょう。

一方、

せっかく高い料金を払って

結婚相談所に入会したのに、

結婚できなかった人は、

まず人にすすめることはないでしょうね。

ですから、

結婚相談所の評価は

人によって変わってきてしまいます。

入会してどちらに転ぶかは

結局のところ

本人次第ということになってしまいます。

入会を検討している人は、

絶対に相手を見つけるという

強い意志を持って

入会することをおススメします。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。