デート代を割り勘にする年上男性はありえない!?年下ならおごらなくていいの??

デート代は

誰がどれだけ払うのか

これはとても難しい問題ですね。

「男性が全額払うべきでしょう。」

「男女に差があるのはおかしい、
 割り勘でいいでしょう。」

いろんな意見があると思います。


Sponsored Links

今の二十代といった若い世代では、

すべて割り勘だそうです。

一方で、

40代、50代といった年配の男性は、

全部男性が払う人が多いでしょうね。

これは、

過ごしてきた時代背景が影響しています。

40代、50代の男性の若い頃は、

バブル絶頂の時期で、

給料もうなぎ昇りでしたし、

日本自体の景気もとてもよかったです。

そのため、

会社の上司や先輩といった

目上の人からおごってもらう機会

たくさんありました。

ですから、

歳が上、経済力が上の人は、

下の人におごるのが

当たり前の時代でした。

今のよしもと興業も

この風習は続いているようですね。

そういった時代背景もあり、

デート代は男が払うのが当たり前

そう誰もが思っていたものです。

しかし、

二十代といった今の若者は、

景気の良い時期を経験していません。

そのため、

人におごってもらうことも少ないし、

おごるおごられるという風習がないのでしょう。

ですから、

デート代を割り勘にする男性が

多いのだと思います。

これが時代だ

といってしまえばそれまでですが・・。

同年代同士のカップルであれば

割り勘デートでもいいでしょう。

しかし、

10歳以上も離れた歳の差カップルの場合、

やはり割り勘はやめたほうがいいと思います。

経済力に違いがある

歳が離れている男女では、

そもそも経済力が違います。

男女平等や実力主義など

叫ばれて久しいですが、

やはり女性より男性

年下より年上の人のほうが

給料が高い傾向は変わりません。

単純に収入だけみても

歳の差カップルの場合、

デート代を完全に割り勘にするのは

やはりおかしいですね。

Sponsored Links

女性はお金がかかる

女性は何かとお金がかかります。

化粧代、洋服代、美容院代など。

自分をキレイにするため

いろいろとお金を使っているわけです。

もちろん、

男性の自分にお金は使いますが、

洋服、靴、かばんなど

女性とは数が全然違いますw

ブランド品に興味がない女性でも

男性とは違って

ある程度、数を買わないといけないので、

やっぱりお金はかかるものです。

キレイな女性が

好きな男性は多いでしょう。

そうなるために

女性は自分にお金を使っています。

支払う割合を決める

こういった理由もあり、

特に歳が離れているカップルであれば

デート代は男性が払うのがいいと思います。

しかし、

いつも全額男性が払うのは

けっこう大変です。

お金がないから今週は会えない

なんてことにもなりかねません。

また、

全額おごられることを

嫌がる女性もいます。

なにか借りを作ってしまってる

申し訳ないという気持ちがあるのでしょう。

こうしたことから、

男女で支払う割合を決めるのがいいですね。

・男7:女3

・男8:女2

・男はディナー:女はランチ

こうすれば

男性の負担も軽くなるし、

女性の申し訳なさもなくなるでしょう。
 
 
他にもこのような記事が読まれています。

・ホテル代を割り勘にする彼氏はアリ?年上年下カップルは関係ある?

・年の差恋愛の特徴は?どんな悩みがあるの?

・年の差カップルになったきっかけは?付き合うにはどうすればいい?
 

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。