プレゼントに彼女はサプライズを求めてる?アクセサリーではダメ!?

一年に一度の彼女の誕生日やクリスマス

なにかサプライズをして

一生の思い出にしてもらいたい!

そんな風に思っている男性も

けっこう多いかもしれません。


Sponsored Links

サプライズも上手くいけばいいんですが、

よくテレビなどで

失敗しているサプライズもけっこう見ますw

男性と女性で

テンションの差があったりして、

ちょっとしらけているなんてケースも・・。

サプライズは

諸刃の剣みたいなところもありますので、

よく考えて行ったほうがいいですね。

プレゼントにサプライズはいらない

サプライズの方法として、

プレゼントを工夫して

びっくりさせようと考える人もいます。

彼女が予期していないもの

贈ってびっくりさせようというケースですね。
 
 
たとえば、

・100本のバラとか

・高価でセクシーな下着とか

・手作りのものとか

 ・・・
 
 
もちろん

彼氏が一生懸命に考えて贈ってくれたものですから、

彼女も喜ぶのは喜ぶでしょう。

しかし、

女性というのは、

けっこう現実的なものです。

男性のように

夢心や遊び心は意外になく、

現実主義な女性が多いです。

Sponsored Links

女性はアクセサリーが大好き

世の女性全員といっていいほど、

女性はアクセサリーが大好きです。

子供の頃から

おもちゃのアクセサリーを使って

遊んでいるくらいですから。

ですから、

女性のプレゼントで間違いないのは、

やっぱりアクセサリーです。

またアクセサリーを贈ると

毎日身につけてもらえるので、

男性のほうも嬉しいですよね!

ですから、

彼女へのプレゼントは

下手にサプライズを考えるよりも

無難にアクセサリーを贈るのが、

一番得策だと思いますw

サプライズなら演出で

サプライズはプレゼントではなく、

渡し方や演出で行うのがいいですね。

ただ、

こういったサプライズ演出を

苦手という日本人は

けっこう多いのではないでしょうか。

テレビでよく、

外人がこのサプライズ演出を

しているのをけっこう見ますよね。

でも見ていて

恥ずかしいやら、くさいやらで

なかなか自分では出来ないなあ

と思ってしまいます。

一番お手軽なサプライズ演出は

お店側にやってもらう方法ですね。

お店の照明を暗くして、

店員さんたちがケーキを持って登場、

お店内全員でハッピーバースデーを熱唱。

よくあるサプライズ演出ですが、

十分に彼女の思い出に残ると思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。