返事がない!ラインで既読なのに!そんな時やって良いこと悪いこと!

好きな人や気になる人と

コミュニケーションをするツールして、

今ではほとんどの人が

LINE(ライン)を使っているでしょう。

このLINEですが、

とても便利な反面

メールとは違った機能があります。

そう、相手がメッセージを読んだかどうか

送信者にわかってしまう機能ですね。


Sponsored Links

既読無視や既読スルーなどと言われ

たびたび世間の話題にも上がっています。

誰もが経験あると思いますが、

あまりいい気分はしませんよね。。

付き合っている恋人同士とか

仲の良い仲間同士であれば

既読スルーされてもまだいいです。

それだけでお互いの関係が

終わってしまうということはないので。

しかし、

好きな人や気になる人に

アプローチしているときは

ちょっと事情が違います。

それっきり音信不通なったり、

その後の対応次第では

関係が終わってしまう可能性があるからです。

ですから、

好きな人や気になる人に

既読スルーされたときは、

慎重に対応していかなければいけません。

絶対にやらないほうがいいこと

既読スルーされてしまったときに

絶対にやらないほうがいいことは、

メッセージを追撃してしまうことです。

「あの件、返事はどうですか?」

「返事くださいね!」

という感じで

自分の問いかけに対して

返事を催促することです。

この行為は

基本的にはやめたほうがいいです。

人は日々生活している中で

やることに対して、

優先順位を付けています。

そして、

優先順位が高いものから

順番にこなしています。

既読スルーされているということは、

他に優先順位が高いことがあり、

あなたにメッセージを送る順番が

まだ周ってきていない状態です。

仕事が忙しいからかもしれませんし、

もっと良い人がいて、

そっちを優先してメッセージしているかもしれません。

この状態でメッセージを追撃してしまうと、

ウザがられたり、嫌われたりしてしまいます。

ですから、待つしかないですね。

そもそもあなたに好意がなくて、

既読無視している場合は、

その後関係が続く可能性は低いですが、

そうでない場合は、

嫌われるような行為は出来るだけしないことですね。

Sponsored Links

時間を空ける

既読スルーされてしまうと、

通信トラブルとかがあって

ほんとはメッセージを読めていないのかなとか

自分に都合の良いことを考えてしまいます。

でも実際は

相手はちゃんとメッセージを読んでいます。

ちゃんと読んだ上で、

メッセージを返していないのです。

その真意は本人しかわかりません。

ですから、

あなたに出来ることは

とりあえず待つということです。

時間を空けることで、

相手の状況や心境が変わる可能性があるので、

それまでひたすら待つのがいいでしょう。

しかし、待っていたら

そのまま終わってしまうこともあります。

その対策としては、

相手の状況が変わっている

可能性があるくらいの時間を空けてから

こちらから何かアクションしてみるのがいいでしょう。

2週間~1カ月くらい時間を空ければ

相手の状況が変わっている可能性がありますので、

そのくらい時間を空けたら何かアクションします。

一つは、

全然違う話題でメッセージを送ってみることです。

「インフルエンザ流行ってるけど、大丈夫?」

「○○映画始まったけど、もう観に行った?」

今、旬な話題を振ってあげれば

相手も返信しやすいですね。

そして、

またやり取りが復活すれば、

改めてアプローチしていけばいいでしょう。

またLINEであれば、

プロフィール画像が変わったり、

タイムラインに投稿があったりします。

それに対して、

いいねを押してあげたり、

コメントしたりするといいでしょう。

相手はそれを必ず見ますから、

それをきっかけにやり取りが復活することもあります。

そして

1カ月くらい空けてメッセージを送っても

既読スルーされてしまった場合は、

もっと時間を空けてみることです。

半年~1年くらい空けて

「あけましておめでとう!」

「久しぶりだけど、元気にしてる?」

こういったメッセージを送ると、

相手の状況が一変していて、

またやり取りが復活するなんていうケースも

けっこうありますので!

まとめ

既読スルーするのには、

必ず理由があります。

これは、

自分自身でも既読スルーするときがあるでしょうし、

その時の心境を考えれば

必ず理由があってメッセージを返していないと思います。

LINEは会話するツールなので、

返事があったらメッセージするのが基本です。

ですから、

こちらから続けて何度もメッセージする

ということがないようにしたほうがいいですね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。