白髪の対策は男性なら必須!30代でも年齢以上に見えてモテない!?

30代も半ばを過ぎると、

多かれ少なかれ

誰でも白髪が出てきます。

40代になると、

髪の毛だけでなく、

ヒゲ、鼻毛などにも

白いものが交じり始めますよね。

この白髪がけっこうくせ者ですw


Sponsored Links

女性はもちろんですが、

男性も老けて見えて

喜ぶ人はほとんどいません。

男性が老けて見える要素として、

肥満、薄毛に並んで

白髪が挙げられます。

特に30代男性のように

数本くらい白髪が出てきた時

一番白髪が目立ちます。

40代くらいになると、

数本ということはなく

もっと白髪が出てきますが、

このときは目立つというより

汚い印象を与えます。

これでは、

年齢よりも老けて見えるだけでなく、

女性にもあまりモテないでしょう。

逆に60代くらいになって

全体的に白髪になると、

いわゆるロマンスグレーのようになり、

ダンディーなイメージになるので、

それはそれでよいと思いますが。

もしあなたが

30代半ば以降の独身男性であれば、

女性にモテるためにも

しっかりと白髪の対策はしたほうがいいですね。

白髪対策はなにがいい?

では、白髪には

どんな対策をすればいいでしょうか?

白髪対策として世の中には、

サプリ、シャンプー、育毛剤

あるいは食生活の改善などがあります。

体の筋肉同様に

白髪も老化現象ですから、

体の根本的な改善をしていくのがいいです。

血流を良くしたり、

栄養補給をして

黒髪を生やす方法ですね。

でもそれは、

けっこう時間がかかりますよね。

ですから、

体の改善をしていく一方で、

当面は並行して

白髪染めしていくのがいいです!

Sponsored Links

美容院で白髪染めしたほうがいい

今では自宅で簡単に

誰でも白髪染めができます。

コンビニでも

いろんな染料が売っています。

しかし、白髪染めは

出来るだけ美容院で行ったほうがいいです。

それは染料が違うからですね。

自宅で行うと、

髪がパサパサしてしまったり

全体的に上手く染まらなかったりします。

でも美容院で行うと

そういうことはないですね。

美容院だと多少料金は高めになりますが、

白髪染めは

髪の毛や頭皮に負担がかかりますから、

染料選びがとても大切です。

もみあげのケアはしっかりと

髪の毛の白髪は

もみあげ部分に多く生えてきます。

他はそうでもないのに

もみあげ部分だけ真っ白

という人もよく見ますよね。

また、

もみあげは長さが短いので

隠しにくいというのもあるでしょう。

ですから、

もみあげの白髪ケアは

頻繁に行う必要があります。

月一回美容院に行き、

その都度、

もみあげの白髪染めをするのがいいですね。

毎回、髪全体を染めると、

髪へのダメージもありますし、

料金もけっこうかかってきてしまいます。

もみあげ部分だけの白髪染めなら

半額以下でできますからね。

まとめ

白髪は

老化現象の代表的な症状です。

ですから、

白髪が見えると、

年齢が上に見えてしまいます。

恋愛においても

女性にモテるためにも

年齢は若く見られるのに

越したことはありません。

白髪の対策は

けっこう面倒くさいですが、

女性にモテるためにも

しっかり行ったほうがいいですね!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。